Site Loader

BÀI NGẮN N2_ 絵画とは

BÀI ĐỌC :   ぼくはいつも思うのだが、視覚にとらえたものをただ単に描いても、決して絵画にはならない。視覚のかなた(注1)にかくされているものをとらえて、それを画面に定着させたとき、はじめて絵画が誕生する。絵画とは目の前の自然を心のなかに消化し、それをもう一度吐きだす作業によって生まれるのだ。そうすることによってはじめて普遍的な(注2)美の世界が出現するのだと思う。だから芸術というものは、理屈(注3)では解決できないものなのだ。理屈を超えたところに本当の美がある。 (石本正『絵をかくよろこび』による) (注1)かなた:向こう (注2)普遍的な:広くすべてのものに共通して見られる (注3)理屈:論理的な説明 筆者が考える絵画とはどのようなものか。…