BÀI ĐỌC DÀI N1 _ ĐỀ THI 2014

BÀI ĐỌC DÀI:   たとえば、あなたが会社の中で企画部門に属し、①目標値を設定する仕事を与えられたとする。ここでは達成不可能な目標を設定したところで意味がないとされるから、外部環境や内部の状況を含め、諸々の要素を検討することになるだろう。その上で現状から考えて、達成可能かつできる限り高い目標を探ることになる。 このとき、あなたが今後変わりうる外部環境を完璧に予想し、会社内部のすべてを完全に把握している存在であれば、目標を設定する仕事はこの上なく素晴らしいものだ。社員全員がこれに向かって全力を出せばそれでいいことになる。 しかし、実際にはそんなことはありえない。外部環境は予想もつかない方向に変わりうるし、社内では、上からの目が届かないところでアイデアを隠し持った人が必ずいる。固定化した目標は、不確定要素にまったく対応できないのである。しかも、こうした事前に予想ができない要素にこそ、大きなビジネスチャンスが転がっている。 だから目標を設定するならば、変化に対応する中で、各人の創意工夫の果てにやっと達成されるようなものでなければならない。しかし、事前にこれらをすべて盛り込むことはできるはずもないから、何となく納得感のありそうな落とし所(注1)を探すことになる。大人はこの落とし所という言葉が大好きなのだが、こんなものに意味があるはずもないのだ。これではすべての可能性を引き出すことができないのである。これは個人としても同じことである。(中略) 試合直後の力士にインタビューをすれば、「明日の一戦をまた頑張るだけ」と答えが返ってくるだろう。ゴルフツアーの最終日を明日に控えたプロ選手でも、翌日のスコア目標などは口にしない。そんなことを考え始めれば、プレイが崩れ始めることを知っているからだ。 それにもかかわらず、なぜかビジネスになると、途端に誰もが最終ゴールを決めようとする。スポーツよりも遥かに不確定な要素が多いにもかかわらず、目標によって自分たちを縛りつけようとするのである。これにはかなり②違和感を覚える。 どんなことでも、周囲の状況はどんどん変わることが当たり前である。それにもかかわらず、自分だけ変わらないのはおかしい。過去に立てた目標によって自分を窮屈な存在にしてはいけないのである。もしどうしても目標を立てたいのであれば、ほとんど実現不可能なくらいの大きな目標を持つべきだろう。しかし、これ自体はその達成方法を考えるのに役には立たない。自分が持つ可能性を大事にしたいのであれば、目の前のことだけに没入(注2)し、何かしらの(注3)変化を察知するにつけ、次のベストを探すというスタンスを保持することが重要である。 (成毛眞『大人げない大人になれ!』による) (注1)落とし所:妥協点 (注2)没入:ここでは、集中する (注3)何かしらの:何らかの ①目標値を設定する仕事では、どのような目標を設定しようとするか。  達成が難しくても取り組む価値のある目標  成し遂げられる範囲の中で最も高い目標  現在の状況から見て無理なく達成される目標  外部環境や内部の状況の変化を完(かん)璧(ぺき)に予測した目標 筆者は、何がビジネスチャンスにつながると述べているか。  社内外の不確定な変化に対する大胆な予想  創意工夫を生み出す社内環境  社員にとって納得感のある目標設定  社内に埋もれている発想や社外で起こる変化 ②違和感を覚えるとあるが、どのようなことに違和感を覚えているか。  目標を立てたのにそれを変えなくてはならないこと  周囲の状況は変わるのに目標を固定すること  目標を立てたのにそれを口にしないこと  不確定な要素が多いため目標を立てないこと この文章で筆者が言いたいことは何か。  自分の可能性を大事にするためには、大きな目標を立てるべきではない。  実現不可能なくらいの大きな目標を立てて達成に向けて努力すべきだ。  目標を立てることに縛られず、目の前のことに最善の対応をすることが重要だ。  自分が持つ可能性が最大限に発揮できるような目標を探し続けることが重要だ。 PHÂN TÍCH BÀI ĐỌC:  たとえば、あなたが会社の中で企画部門に属し、①目標値を設定する仕事を与えられたとする。ここでは達成不可能な目標を設定したところで意味がないとされるから、外部環境や内部の状況を含め、諸々の要素を検討することになるだろう。その上で現状から考えて、達成可能かつできる限り高い目標を探ることになる。 Ví dụ […]