- CÂU LẠC BỘ ĐỌC

BÀI ĐỌC VỪA N1

BÀI ĐỌC   市場の製品のほとんどに何らかのマークが付いています。それに気づく人は少数であり、その意味を知ろうとする人は更に少数でしょう。見方によればこれは①市場の健全さの表れです。製品が満足なもので取引がスムーズなら問題は起こらないでしょう。しかし、中には使用者に損害を与えたり危険にさらしたりする製品もあるのが現実です。 成熟した社会では、公共の利益に反する製品を市場から排除するために様々な仕組みと手段が使われていますが、製品に付けられている「適合マーク」もその一つです。これは製品が何らかの基準に適合していることの証明であり、製品の供給者から購入者及び使用者に情報を伝える手段です。適合マークは、業者間の取引における要件として、また、消費者の購入判断を助ける手段として古くから使われてきましたが、それらは主に地域社会のツールであり、意味や使い方は地域社会のルールでした。 この事情は1980年代に一変しました。市場のグローバル化により、見知らぬマークを付けた外国製品が各国の市場に溢れたからです。(中略) 適合マークが②本来の機能を果たすには、そのマークが多数の人々に認知され、意味が正しく理解されていることが必要です。また、マークが伝える情報の信頼性を支える適合性評価が適切に行われたことの証拠が必要です。そこで、ISO(国際標準化機構)は1996年に適合マークに関する検討グループを設置し、問題の分析と解決策の検討を開始しました。 (田中正躬監修・編著『氾濫するマーク—多様化する認証』による) ①市場の健全さの表れとあるが、何が健全さの表れか。  製品のマークの意味を知らない人がいないこと  製品のほとんどにマークが付いていること  製品のマークに無関心な人が多いこと  製品の質がマークによって保証されていること ②本来の機能とあるが、どのような機能か。  製品の不具合や問題点が解決されていることを証明する。  外国製品と自国の製品とを区別するための情報を与える。  消費者の購入意欲を高めるとともに、地域社会の経済を支える。  消費者に安心できる製品であることを伝え、公共の利益を守る。 適合テーマについて、検討が必要になったきっかけは何だと筆者は述べているか。  各国の適合テーマが混在して理解しにくくなったこと…

Read More

- CÂU LẠC BỘ ĐỌC

BÀI ĐỌC NGẮN N1

BÀI ĐỌC:   何かを学ぶということは、もちろん、問題に答える知識や技術を身につけるという意味もあるけれど、それは実は学ぶことの本質ではない。ぼくらは本や学校で、これまでひとが見出してきたさまざまな秩序、筋道を学ぶ。だけどそうやってさまざまな「型」を学ぶことによって、いままで見えていなかった。あるいはぼんやりとしか見えていなかった。「型やぶり」なものが見えてくるようになる。つまり、学べば学ぶほど、見えてくる問題は増えるというわけだ。 (野矢茂樹『はじめて考えるときのようにー「わかる」ための哲学的道案内』による) 筆者は、学ぶことの本質とは、どのようなことだと考えているか。  知識や技術を身につけて、さまざまな秩序や筋道が見えるようになること  他人が見出したことを学ぶのではなく、自分自身で考えること  既存の「型」に固執せず、常に「型やぶり」なことに挑むこと 「型」を学ぶことで、気づいていなかった問題を認識できるようになること PHÂN TÍCH BÀI ĐỌC   何かを学ぶということは、もちろん、問題に答える知識や技術を身につけるという意味もあるけれど、それは実は学ぶことの本質ではない。ぼくらは本や学校で、これまでひとが見出してきたさまざまな秩序、筋道を学ぶ。だけどそうやってさまざまな「型」を学ぶことによって、いままで見えていなかった。あるいはぼんやりとしか見えていなかった。「型やぶり」なものが見えてくるようになる。つまり、学べば学ぶほど、見えてくる問題は増えるというわけだ。   Học một thứ…

Read More

- CÂU LẠC BỘ ĐỌC

BÀI ĐỌC NGẮN N1 _ JLPT 2014

Bài đọc : 井上ひさし(注1)さんが、「エッセイとはすなわち、自慢話である」といったことを書いていらしたのを、以前読んだことがありますが、私はその文を一読した瞬間、「ああっ!」と叫んで赤面(注2)したのでした。 エッセイ=自慢、とはまさにその通り。エッセイを書く仕事をしている私は、心のどこかでそのことを感じつつ、気付かない努力をしていた気がする。しかしそのようにズバリ言われると、「私は今まで、自慢話によって、口を糊して(注3)きたのだなぁ」ということが、明確に理解できるのです。 (酒井順子『黒いマナー』による) (注1)井上ひさし:日本の小説家 (注2)赤面する:顔が赤くなる (注3)口を糊する:ここでは、生計を立てる Câu hỏi : 筆者が「ああっ!」と叫んだのはなぜか。 1. 意識しないようにしていた自身の思いを指摘されたから 2. 前々から抱いていた自身の思いを先に言われたから 3. 言葉にできないでいた自身の気持ちをズバリ言われたから 4.…

Read More

- CÂU LẠC BỘ ĐỌC

BÀI ĐỌC DÀI N1

BÀI ĐỌC: 本というのは、人間と同じようなものだ。一律の価値によって優劣を決めることはできない。人気者がいるのと同じように、ベストセラーがある。嫌われ者がいるように、誰からも手に取られない本もある。だが、どれもがそれぞれの価値を持っている。それを求めている人の手に求めているときに渡れば、それは良書になる。 それゆえ、私はインターネットの書評サイトなどで、まるで自分を神であるかのように本の優劣を断定しているものには激しい抵抗を感じる。もちろん、書評をするのは悪いことではない。本を批判したりほめたりするのも、もちろん大事なことだ。だが、あくまでもそれは、その人の知識と関心と人柄によっての判断でしかない。つい神の立場でものを言いたくなる気持ちはわからないでもないが、それはあまりに傲慢というものだろう。 私の本も、インターネットの書評サイトでかなり叩かれているものがある。それはそれでやむをえないと思っている。ある程度売れると、それをけなしたがる人間がいるものだ。本をけなすと、自分が著者よりも偉くなったような気がするのだろう。私自身も本を書くようになる前、いや、正直に言うとある程度売れる本を出すようになる前、他人の本をずいぶんけなしたものだ。 ただきわめて心外なのは、ないものねだりをしている評があまりに多いことだ。たとえば、私はある参考書を出している。その趣旨としていることは、「大学の小論文・試験に何とか合格できるだけのレベルの小論文が書けるようにするため、最低限これだけの知識は持っていてほしい」という知識を整理した参考書だ。だから、私はその本の中では、敢えて難しいことは書いていない。ところが、の参考書を酷評する(注)書評がある。そして、その評の中には「この本を読んでも、かろうじて合格するくらいの力しかつかない」と書かれている。 私は、まさしくかろうじて合格するくらいの力をつけるためにその本を書いているのだ。かろうじて合格すれば、その本は最高の良書だろう。私がそのような意味で敢えてカットしたことを取り上げて、それが書かれていないからと批判されても、こちらとしては困ってしまう。 そのような身勝手な書評がなんと多いことか。知識のある人間が入門書を幼稚すぎるとけなし、知識のない人間が専門書をわかりにくいとけなす。しかし、それは単に自分の背丈にあっていない本を求めただけのことに過ぎない。きちんと自分の背丈にあった本を探して買うのが、読者の務めだと、私は思う。 本について語るからには、あらゆる本に愛情を持つべきだと私は考えている。そうしてこそ、本を批判する資格を持つと思うのだ。 (樋口裕一『差がつく読書』による) (注)酷評する:ひどく厳しい評価を下す 筆者は、どのような書評が傲慢だと感じているか。  優れている点を決して認めようとしないもの。  自身の判断がすべてであるかのように評価したもの。  自身に知識があるかのように見せかけたもの。  大した理由づけもなく優劣を断定したもの。 ある参考書について、筆者が心外だと感じたのはどのような書評か。  どうにか合格できる程度を目指したのに、それ以上の内容が必要だと評判したもの。  合格に必要な最低限の知識を整理したものなのに、合格は不可能だと批判したもの。  難しい試験でも合格できるように書いたのに、それでも不十分だと批判したもの。…

Read More

- CÂU LẠC BỘ ĐỌC

BÀI ĐỌC DÀI N1_ VẬN DỤNG HẾT TẤT CẢ KỸ NĂNG ( TÌM CHỦ NGỮ, PHÂN TÍCH, TỔNG HỢP Ý )

BÀI ĐỌC 以下は、ある芸術家が書いた文章である。 _________________________________________________________________________________ 人間は動物とちがって、知的な活動、その情熱をもっている。おさなくたって、魂の衝動は強いのだ。だから子供は描きたがる。形、色にして確かめる。だが問題は自分のなかにあるものを外に突き出す、投げ出すという行為自体であって、決して出来上りの効果ではない。 だから子供は描きおわってしまったものはふり向きもしない。捨てられたって何とも思わないのだ、(中略)それを大事そうに拾いあげて、「これは面白い。」「坊やは才能がある。これをうまく伸ばせば、将来えらい画家になるかもしれない。」などと、観賞したり評価するのは、いつでも大人で、子供自身は、もしほめられても、そんなものかなと聞いているだけである。だから「子供の絵」というような言い方の、根本に何か間違いがある、と私は思う。描いたものには違いないが、「作品」ではない。その以前の、もっと根源的な何ものかなのである。 「絵」などというから、大人の「絵画作品」と混同して考えてしまう。そこにズレがおこる。大人のは見せる芸であり、商品である。はじめから観賞すること、してもらうことを目的とし、結果を予測しながら作り上げたものなのだ。いわゆる「絵描きさん」となると、描いている瞬間に、結果がわかっている。こうやれば、こうなる。習練(注1)と経験によって、色やタッチ(注2)の効果が計算できるし、生命の衝動、情熱、無目的な行動よりも、結果の方に神経が働いてしまう。出来ばえに、逆にひきずり回されているのだ。 しかも、大向こう(注3)の気配まですでに見すかして、……こんな趣向は喜ばれるだろう、これはちょっとやりすぎかな、などと意識・無意識に、そんな手応えにあわせながら仕事をすすめている。評判をとり、買手がついてくれなければ食ってゆけないし、社会が許さない。生活はきびしいのだ。無償の行為というわけにはいかない。明らかに「作品」つまり「商品」を作っているのである。大人の作品だって、本質的には生命力こそ肝要なのだ。自分の存在を純粋に外に投げ出す、突き出すアクションの質、強さによって、猛烈な魅力になる。私自身は、少なくともそのつもりである。よく、あなたの絵はわけがわからないと言われるが、「絵」でございます、というようなものは作りたくない。それ以前、そして以後のものをひたすらつきつける。――絵ではなく、芸術。そして出来るかぎり他の評価を無視したいと思っている。 (岡本太郎『美しく怒れ』による) (注1)習練:練習 (注2)タッチ:ここでは、筆の使い方 (注3)大向こう:ここでは、観賞する人々 捨てられたって何とも思わないのはなぜか。  最後まで描けたことに満足しているから。  いつでも描きたいものが描けるから。  描きたいものが描けて納得したから。  描きたいという欲求が満たされたから。 子供の描いたものが「作品」ではないのはなぜか。  観賞されることを目的として描かれていないから。  評価に値する出来上りになっていないから…

Read More

- CÂU LẠC BỘ ĐỌC

ĐỌC HIỂU NGẮN N1

BÀI ĐỌC: 以下は、諦めについて書かれた文章である。 人が自分の能力以上のことに憧れ、それがどうしても出来ないというのに、なお執着を持っているとしたら、登れない壁の下で徒らじたばたしているようなもので、気の毒でもありますが、滑稽でもあります。この場合は諦めが必要です、ただそれは、その次の、自分の能力に合った憧れなり、道なりを求めるためにのみ必要であって、諦めの中に憩ってしまうことは少し見当が外れていることになるかもしれません。 (串田孫一『考える葦』による) 筆者の考えに合うのはどれか。  前へ進みたいなら、無理なことに執着せずに諦めることも必要だ。  前へ進めない理由がわからないなら、諦めることが必要だ。  能力に合った憧れや道を求めるなら、何事も諦めてはいけない。  能力を超えていると思っても、すぐに諦めてしまっては前へ進めない。   Phân tích bài đọc:    以下は、諦めについて書かれた文章である。 Dưới đây là…

Read More

- CÂU LẠC BỘ ĐỌC

BÀI ĐỌC DÀI N1 _ ĐỀ THI 2014

BÀI ĐỌC DÀI:   たとえば、あなたが会社の中で企画部門に属し、①目標値を設定する仕事を与えられたとする。ここでは達成不可能な目標を設定したところで意味がないとされるから、外部環境や内部の状況を含め、諸々の要素を検討することになるだろう。その上で現状から考えて、達成可能かつできる限り高い目標を探ることになる。 このとき、あなたが今後変わりうる外部環境を完璧に予想し、会社内部のすべてを完全に把握している存在であれば、目標を設定する仕事はこの上なく素晴らしいものだ。社員全員がこれに向かって全力を出せばそれでいいことになる。 しかし、実際にはそんなことはありえない。外部環境は予想もつかない方向に変わりうるし、社内では、上からの目が届かないところでアイデアを隠し持った人が必ずいる。固定化した目標は、不確定要素にまったく対応できないのである。しかも、こうした事前に予想ができない要素にこそ、大きなビジネスチャンスが転がっている。 だから目標を設定するならば、変化に対応する中で、各人の創意工夫の果てにやっと達成されるようなものでなければならない。しかし、事前にこれらをすべて盛り込むことはできるはずもないから、何となく納得感のありそうな落とし所(注1)を探すことになる。大人はこの落とし所という言葉が大好きなのだが、こんなものに意味があるはずもないのだ。これではすべての可能性を引き出すことができないのである。これは個人としても同じことである。(中略) 試合直後の力士にインタビューをすれば、「明日の一戦をまた頑張るだけ」と答えが返ってくるだろう。ゴルフツアーの最終日を明日に控えたプロ選手でも、翌日のスコア目標などは口にしない。そんなことを考え始めれば、プレイが崩れ始めることを知っているからだ。 それにもかかわらず、なぜかビジネスになると、途端に誰もが最終ゴールを決めようとする。スポーツよりも遥かに不確定な要素が多いにもかかわらず、目標によって自分たちを縛りつけようとするのである。これにはかなり②違和感を覚える。 どんなことでも、周囲の状況はどんどん変わることが当たり前である。それにもかかわらず、自分だけ変わらないのはおかしい。過去に立てた目標によって自分を窮屈な存在にしてはいけないのである。もしどうしても目標を立てたいのであれば、ほとんど実現不可能なくらいの大きな目標を持つべきだろう。しかし、これ自体はその達成方法を考えるのに役には立たない。自分が持つ可能性を大事にしたいのであれば、目の前のことだけに没入(注2)し、何かしらの(注3)変化を察知するにつけ、次のベストを探すというスタンスを保持することが重要である。 (成毛眞『大人げない大人になれ!』による) (注1)落とし所:妥協点 (注2)没入:ここでは、集中する (注3)何かしらの:何らかの ①目標値を設定する仕事では、どのような目標を設定しようとするか。  達成が難しくても取り組む価値のある目標  成し遂げられる範囲の中で最も高い目標  現在の状況から見て無理なく達成される目標  外部環境や内部の状況の変化を完(かん)璧(ぺき)に予測した目標…

Read More