• Sách tiếng Nhật

    BÀI ĐỌC N2_ ĐỌC THƯ

    BÀI ĐỌC: 以下は、コーヒー豆の販売会社から届いたはがきである。 東京都橋谷市南 3-15-8-302 マリア・スミス 様 ーーーー割引フェアのご案内ーーーー いつも「野田コーヒー」をご愛飲くださいまして、ありがとうございます。 コーヒー豆を定期購入されているお客様に、お得な割引フェアについてご案内いたします。 当社ではこの冬、新商品「冬の味わい」を発売します。定期購入をされているお客様には、この商品を15%割引の特別価格でご提供いたします。購入を希望される方は、10月中にご予約ください。 なお、すでにご案内しておりますとおり、定期購入をされているお客様は、その他の全商品がいつでも1的割引でお求めいただけます。あわせてご利用ください。 商品の詳細・ご注文方法につきましては、裏面をご覧ください。 このはがきで紹介されている割引サービスについて正しいものはどれか。  コーヒー豆を定期購入している人は、10月中だけ「冬の味わい」を10%割引で買うことができる。 コーヒー豆を定期購入している人が10月中に「冬の味わい」を予約すれば、15%割引で買うことができる。  「冬の味わい」を10月中に予約すれば、その他の商品をすべて15%割引で買うことができる。  「冬の味わい」を買った人は、10月中だけその他の商品をすべて10%割引で買うことができる。   PHÂN TÍCH BÀI ĐỌC: 以下は、コーヒー豆の販売会社から届いたはがきである。 Dưới đây là bức thiệp gửi đến từ công ty bán cà phê đậu tương 東京都橋谷市南 3-15-8-302…

  • Sách tiếng Nhật

    BÀI ĐỌC NGẮN N1

    BÀI ĐỌC:   情報化、グローバル化と言われ、視野を広げるべき時代に、実は極めて限られた世界、社会でしか情報や価値観を得られていない人が増えているように思えます。インターネットは世界中どこにでもつながりますが、自分で意識しないと、限られた価値観の情報だけが集まり、さらに深く入り込む。世界観を広げるインターネットが、逆に世界観や価値観を狭めてしまう、視野狭窄(注)に陥らせる道具となってしまうのです。 (伊藤真『会社コンプライアンス――内部統制の条件』による) (注)視野狭窄:見える範囲が狭くなること この文章で、筆者はインターネットをどのようにとらえているか。  限られた情報や、個人の興味のあるものを得るには便利な道具である。  意識して使用しなければ、自分の価値観に合った情報が得られないことになる。  便利なものだが、使い方に気をつけないと限られた世界で生きることになる。  広い視野を失わずに使用すれば、より深い情報を得ることができる。   PHÂN TÍCH BÀI ĐỌC:   情報化、グローバル化と言われ、視野を広げるべき時代に、実は極めて限られた世界、社会でしか情報や価値観を得られていない人が増えているように思えます。インターネットは世界中どこにでもつながりますが、自分で意識しないと、限られた価値観の情報だけが集まり、さらに深く入り込む。世界観を広げるインターネットが、逆に世界観や価値観を狭めてしまう、視野狭窄(注)に陥らせる道具となってしまうのです。 Dường như trong xã hội được cho là thông tin hóa, toàn cầu hóa, cần mở rộng tầm nhìn, thì thực tế…

  • Sách tiếng Nhật

    BÀI ĐỌC VỪA N2 TƯƠNG ĐỐI DỄ THỞ

    Bài này làm không khó, nhưng mình note lại từ mới, và học một vài cách diễn đạt, để nhỡ có gặp trong từ vựng hoặc ngữ pháp thì sử dụng nó nhé ^^ BÀI ĐỌC:  つぎの文章を読んで、質問に答えなさい。答えは、1・2・3・4から最もよいものを一つえらびなさい。 皆さんは寄付をしたことがあるだろうか。異常気象で食べる物が不足して困っている人や、地震で家を失った人のためにわずかながらもお小遣いから寄付した経験を持つ人は多いだろう。その寄付に対する考え方に、今、新しい動きが起こっている。 ある会社では、社員食堂で低カロリーの定食を食べると代金の一部が寄付金となって途上国(注)の子供たちの食生活を支援する、というシステムを取り入れている。社員としては体調管理につながるだけでなく、人を助けることができ、会社としては社員の健康を支えながら社会貢献ができるので、社員にとっても会社にとっても一石二鳥というわけだ。 また、「寄付つき」の商品を販売する企業も増えている。特定の商品を買うと売り上げの一部が寄付されるというもので、他の商品と比べるとやや値段は高いが、商品を買えば、同時に寄付できるという手軽さが消費者に歓迎され、売り上げを伸ばしているという。…