Hồng Lê Thị

自分らしく生きる_ Hãy là chính mình

Browsing:

Category: Sách tiếng Nhật

BÀI ĐỌC VỪA N1

BÀI ĐỌC   市場の製品のほとんどに何らかのマークが付いています。それに気づく人は少数であり、その意味を知ろうとする人は更に少数でしょう。見方によればこれは①市場の健全さの表れです。製品が満足なもので取引がスムーズなら問題は起こらないでしょう。しかし、中には使用者に損害を与えたり危険にさらしたりする製品もあるのが現実です。 成熟した社会では、公共の利益に反する製品を市場から排除するために様々な仕組みと手段が使われていますが、製品に付けられている「適合マーク」もその一つです。これは製品が何らかの基準に適合していることの証明であり、製品の供給者から購入者及び使用者に情報を伝える手段です。適合マークは、業者間の取引における要件として、また、消費者の購入判断を助ける手段として古くから使われてきましたが、それらは主に地域社会のツールであり、意味や使い方は地域社会のルールでした。 この事情は1980年代に一変しました。市場のグローバル化により、見知らぬマークを付けた外国製品が各国の市場に溢れたからです。(中略) 適合マークが②本来の機能を果たすには、そのマークが多数の人々に認知され、意味が正しく理解されていることが必要です。また、マークが伝える情報の信頼性を支える適合性評価が適切に行われたことの証拠が必要です。そこで、ISO(国際標準化機構)は1996年に適合マークに関する検討グループを設置し、問題の分析と解決策の検討を開始しました。 (田中正躬監修・編著『氾濫するマーク—多様化する認証』による) ①市場の健全さの表れとあるが、何が健全さの表れか。  製品のマークの意味を知らない人がいないこと  製品のほとんどにマークが付いていること  製品のマークに無関心な人が多いこと  製品の質がマークによって保証されていること ②本来の機能とあるが、どのような機能か。  製品の不具合や問題点が解決されていることを証明する。  外国製品と自国の製品とを区別するための情報を与える。  消費者の購入意欲を高めるとともに、地域社会の経済を支える。  消費者に安心できる製品であることを伝え、公共の利益を守る。 適合テーマについて、検討が必要になったきっかけは何だと筆者は述べているか。  各国の適合テーマが混在して理解しにくくなったこと  外国製品に対する消費者の関心が高まったこと  各国の適合性評価への信頼性が失われていったこと  適合テーマが付いていない外国製品が流通し始めたこと   Phân tích bài đọc:   市場の製品のほとんどに何らかのマークが付いています。それに気づく人は少数であり、その意味を知ろうとする人は更に少数でしょう。見方によればこれは①市場の健全さの表れです。製品が満足なもので取引がスムーズなら問題は起こらないでしょう。しかし、中には使用者に損害を与えたり危険にさらしたりする製品もあるのが現実です。 Hầu hết các sản phẩm trên thị trường đều đang gắn mác gì đó. Số người nhận ra việc ấy Read more…


BÀI ĐỌC NGẮN N1 CẦN SUY LUẬN

Bài đọc: 人間の社会的な日常生活は、無数の暗黙の約束を相互に共有することで成り立っています。暗黙というのは、そうした約束が明瞭に意識されたり、どこかにはっきり書かれているわけではないということです。習慣化し、なかば無意識的に守られている社会的な約束事の海に、共に浸かっているから、われわれはこの世界の中に安心して毎日生きていられるのであり、これから何が起きるのか、自分はどう行動したらよいのか、一々思い悩まずにいられるわけです。 (著者代表森亘『異文化への理解』による) 思い悩まずにいられるとあるが、なぜか。 1. 習慣や行動に関する約束事を共有する場が持てるから 2. 社会でお互いの約束事が意識的に守られているから 3. 社会的な約束事は日常生活で教えられるから 4. 習慣化された社会共通の約束事があるから Phân tích bài đọc 人間の社会的な日常生活は、無数の暗黙の約束を相互に共有することで成り立っています。暗黙というのは、そうした約束が明瞭に意識されたり、どこかにはっきり書かれているわけではないということです。習慣化し、なかば無意識的に守られている社会的な約束事の海に、共に浸かっているから、われわれはこの世界の中に安心して毎日生きていられるのであり、これから何が起きるのか、自分はどう行動したらよいのか、一々思い悩まずにいられるわけです。 Cuộc sống thông thường trong xã hội loài người hình thành bởi sự chia sẻ lẫn nhau vô số những lời hứa ngầm ( 暗黙_あんもく) Ngầm ở đây nghĩa là những lời Read more…


CÂU TIẾNG NHẬT TRUYỀN CẢM HỨNG TRONG NHỮNG LÚC MỆT MỎI

CÂU TIẾNG NHẬT TRUYỀN CẢM HỨNG

Cả tuần vừa rồi, mình cảm thấy rất lười, thậm chí chỉ ngồi cắm mặt vào cái máy tính lướt các kiểu không chủ đích cả ngày ^^ Nhiều khi có những lúc thực sự không có động lực để làm gì ! Trong những lúc như thế này, thường Read more…


BÀI ĐỌC NGẮN N1_ JLPT 2014

Bài đọc:    白色度というのは物理的な指標であって感受性の指標ではない。したがって白色度が高いというだけでは白は印象づけられないのである。咲き乱れる花々の印象は真っ白でも、その背後にコピー用紙程度の紙を置いてみると、花そのものの白さは紙の白さほどではないことに気が付く。花弁(注1)は淡い色を含み水分をたたえた(注2)重たい白である。しかし咲き誇る花々が僕らの心に届けてくる白は鮮烈に白い。   (原研哉『白(しろ)』による) (注1)花弁:花びら (注2)たたえる:ここでは、含む   Câu hỏi: 筆者の考えを表しているのはどれか。 Câu diễn tả suy nghĩ của tác giả là cái nào?   1. 花の白さの印象は白色度では説明できない。 2. 花そのものの白さは物理的な指標で示せない。 3. 花びらより咲き誇る花々のほうが白色度が高い。 4. 花そのものの白さは他の物との比較によって決まる。   Phân tích bài đọc 白色度というのは物理的な指標であって感受性の指標ではない。したがって白色度が高いというだけでは白は印象づけられないのである。咲き乱れる花々の印象は真っ白でも、その背後にコピー用紙程度の紙を置いてみると、花そのものの白さは紙の白さほどではないことに気が付く。花弁(注1)は淡い色を含み水分をたたえた(注2)重たい白である。しかし咲き誇る花々が僕らの心に届けてくる白は鮮烈に白い。   Độ trăng dù là chỉ tiêu mang tính chất vật ý Read more…


DẠY NGHÉ KINH DOANH

Note lại đây để dành ý tưởng dạy nghé kinh doanh khi vào cấp 1 🙂 Rồi sẽ đến lúc cần dùng đến. https://note.mu/sato_nezi/n/n7b911aadd691#HeY60


BÀI ĐỌC DÀI _ĐỀ THI N1 2014

Bài này hơi khó một chút, vì hơi khó đọc ^^  _______________ 多くの大人は、子供よりも先に生きているから、自分の方が人生を知っていると思っている。しかしこれはウソである。彼らが知っているのは「生活」であって、決して「人生」ではない。生活の仕方、いかに生活するかを知っているのを、人生を知っていることだと思っている。そして生活を教えることが、人生を教えることだと間違えているのである。しかし、「生活」と「人生」とはどちらも「ライフ」だが、この両者は大違いである。「何のために」生活するのと問われたら、どう答えるだろう。こういう基本的なところで大間違いをしているから、小中学校で仕事体験をさせようといった愚(注1)にもつかない教育になる。(中略)生活の必要のない年齢には、生活に必要のないことを学ぶ必要があるのだ。それはこの年齢、このわずかな期間にのみ許された、きわめて貴重な時間なのだ。生活に必要のないことは、人生に必要なことだ。すなわち、人生とは何かを考えるための時間があるのは、この年代の特権なのである。 「人生とは何か」とは、そこにおいて生活が可能となるところの生存そのもの、これを問う問いである。「生きている」、すなわち「存在する」とは、どういうことなのか。 この問いの不思議に気がつけば、どの教科も、それを純粋に知ることの面白さがわかるはずだ。国語においては言葉、算数においては数と図形、理科においては物質と生命、社会においては人倫(注2)、どれもこの存在と宇宙の不思議を知ろうとするものだと知るはずだ。人間精神の普遍的な営みとして、自分と無縁なものはひとつもない。どれも自分の人生の役に立つ学びだと知るはずなのだ。 (池田晶子『人間自身――考えることに終わりなく』による) (注1)愚にもつかない:ここでは、ばかばかしい (注2)人倫:人として守るべき道 多くの大人について、筆者はどのように考えているか。 1.生活と人生の違いを教えている。 2. 生活と人生の違いがわかっていない。 生活と人生の両方を教えている。 3. 生活も人生もわかっていない。 筆者によると、子供にとって必要なのはどのような時間か。 1. 働くことの意義を考える。 2. 人が生きている意味を考える。 3. 人生と生活の違いを学ぶ。 4. 生活に必要なことを学ぶ。 「人生とは何か」と問うことによって、筆者は何がわかると考えているか。 1すべての学びが自分にとって有益だということ。 2. 人間が存在すること自体が不思議であるということ。 3. 自分がなぜ存在しているかということ。 4. 教科で扱われている事柄は生活に必要だということ。 Phân tích bài đọc: 多くの大人は、子供よりも先に生きているから、自分の方が人生を知っていると思っている。しかしこれはウソである。彼らが知っているのは「生活」であって、決して「人生」ではない。生活の仕方、いかに生活するかを知っているのを、人生を知っていることだと思っている。そして生活を教えることが、人生を教えることだと間違えているのである。しかし、「生活」と「人生」とはどちらも「ライフ」だが、この両者は大違いである。 Rất nhiều người Read more…


BÀI ĐỌC N1_ ĐỀ THI NĂM 2014

不安は、正体がつかみきれないときほど膨らんでいく。長く引きずる。人間だれでも、自分に都合の悪いこと、恐ろしいことは考えたくない。そういう心理が働くから、無意識のうちに問題をあいまいにして解決を保留にする。そうして結局、いつまでも不安をダラダラと抱え続けてしまう。逆に自分の何がどのように不安なのか、不安に思う必要があるのかどうかを把握すれば、それだけで不安は減る。不安の正体が明確になって、これは何かしなくてはまずいと認識されれば、それは「危機感」になる。危機感は不安と違う。危機感をもてば、行動を起こそうという意欲が湧く。さらに情報を集めて、行動計画をたてようとする。やるべきことが明確になる。だからスタートが切れるのだ。 問題の鍵となる不安は何なのかということだ。様々な不安の中から、それを特定して意識する。その不安に、思いきり光を当てて自分で正体を見極められれば、次にどうすればいいかの対策も講じられる。 (中略) 不安には、しばらく保留にしておいても大丈夫な不安もある。それがわかった瞬間、不安は、また少し減る。 こうして、自分が何をやらなければいけないかが見えてくる。やる気が出てくる。動く気になる。不安の解決策を考えながら、夢が膨らんでくることもある。 (佐々木直彦『「仕事も人生もうまくいく人」の考え方』による) いつまでも不安をダラダラと抱え続けてしまうとあるが、なぜか。  不安の原因がいくつもあって対処できないから。  不安が一人では解決できないほど大きいから。  不安について考えることを避けてしまうから。  不安に向き合うと不安はさらに膨らんでいくから。 筆者によると、危機感をもつとどうなるか。  次の行動に移れる。  不安の原因が把握できる。  行動に自信がもてる。  不安の正体を突き止めたくなる。 不安について、筆者はどのように考えているか。  不安の原因が何かわかるまでしばらく保留にしておくといい。  解決しやすい不安から順々に対応するといい。  保留にするべきではない不安をまず特定するといい。  不安を感じたときはすぐに解決策を考えて実行するといい。 Phân tích bài đọc: 不安は、正体がつかみきれないときほど膨らんでいく。長く引きずる。人間だれでも、自分に都合の悪いこと、恐ろしいことは考えたくない。そういう心理が働くから、無意識のうちに問題をあいまいにして解決を保留にする。そうして結局、いつまでも不安をダラダラと抱え続けてしまう。逆に自分の何がどのように不安なのか、不安に思う必要があるのかどうかを把握すれば、それだけで不安は減る。不安の正体が明確になって、これは何かしなくてはまずいと認識されれば、それは「危機感」になる。危機感は不安と違う。危機感をもてば、行動を起こそうという意欲が湧く。さらに情報を集めて、行動計画をたてようとする。やるべきことが明確になる。だからスタートが切れるのだ。 Bất an ngày càng phình ra đến mức không thể nắm bắt được. Rồi kéo dài mãi. Con người ai cũng vậy, thường không Read more…


ĐỌC MAIL _ ĐỌC HIỂU JLPT N1

BÀI ĐỌC : 以下は、ある会社がホームページに掲載したお知らせである。 <ミツヌマ健康食品株式会社>ニュース 2014.10.14 健康食品「ビタミン生活V」に関するお知らせ お客様各位 平素は弊社商品にご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。 さて、2014年9月8日より通販および弊社直営店舗での販売を開始いたしました「ビタミン生活V」は、情報番組での紹介もあって、当初の販売計画を大幅に上回り、生産が追いつかない状況となっております。そのため、すでに通販でご受注を停止しておりますが、店舗販売も在庫がなくなり次第、一時中止せざるを得なくなりました。 今後は生産体制を整え、11月17日に店舗販売のみ再開を予定しております。 お客様にご迷惑をかけしますことを、深くお詫び申し上げます。 ミツヌマ健康食品株式会社  お客様担当係:0120-333-4455 「受付時間 10:00-18:00 土日祝休み」 Câu hỏi: 「ビタミン生活V」について、この文書は何を知らせているか。  1. 販売は一時すべて中止になるが、後日店舗販売のみ再開する。 2.生産体制が整い次第、通販に加え店舗販売も再開する。 3.  在庫不足のため、現在は通販および店舗販売を中止している。 4.  通販を一時中止して、しばらくの間店舗販売のみ行う。 Phân tích bài đọc:   以下は、ある会社がホームページに掲載したお知らせである。 <ミツヌマ健康食品株式会社>ニュース Dưới đây là thông báo đăng tải trên trang homepage của một công ty Tin tức < công ty cổ Read more…


Protected: BÀI ĐỌC DÀI_ 201407

There is no excerpt because this is a protected post.


ĐỀ THI ĐỌC N1 2015/7

Bài đọc:   我々は裸の眼でものを見ているように思っているが、実際そうではない。我々は、常識という色眼鏡でものを見ている。そして、常識を作ったのは、過去の偉大な人間であり、その偉大な人間はある学問や芸術を創り出し、そして、新しく世界を見る眼を我々に教えた。その眼が歴史的に我々に伝承され、我々はその眼でもって、ものを見、しかも裸の眼でものを見ていると思っている。しかし、一つの眼である限り、それは世界を歪んで見ているのである。その眼からはどうしても見えない何かがあるのである。 (梅原猛『饗宴―梅原猛随想と対話』による) この文章で筆者が述べていることは何か。  我々は過去の偉大な人間と同じ見方で世界を見ていると思い込んでいる。  我々は裸の眼でものを見ている限り、世界のすべてを見ることはできない。  我々は常識に縛られているために、見えるものが限られている。  我々は常識という色眼鏡を外して裸の眼で世界を見るべきだ。 Phân tích bài đọc 我々は裸の眼でものを見ているように思っているが、実際そうではない。我々は、常識という色眼鏡でものを見ている。そして、常識を作ったのは、過去の偉大な人間であり、その偉大な人間はある学問や芸術を創り出し、そして、新しく世界を見る眼を我々に教えた。その眼が歴史的に我々に伝承され、我々はその眼でもって、ものを見、しかも裸の眼でものを見ていると思っている。しかし、一つの眼である限り、それは世界を歪んで見ているのである。その眼からはどうしても見えない何かがあるのである。   Chúng ta cứ nghĩ rằng mình đang nhìn mọi thứ ngay cả bằng con mắt thường, tuy nhiên thực tế lại không phải như vậy. Chúng ta đang nhìn mọi vật bằng chiếc kính Read more…