小さな習慣が大きな変化をもたらす理由

LÝ DO KHIẾN THÓI QUEN TÝ HON NHƯNG LẠI ĐEM TỚI THAY ĐỔI BẤT NGỜ   ある決定的な瞬間を過大評価し、日々の小さな改善を過小評価するのはよくあることだ。大きな成功には大きな行動が必要だと、わたしたちは思いこみやすい。体重を減らすこと、会社を起ちあげること、本を書くこと、選手権に優勝することなど、どんな目標であれ、よく話に聞くような劇的な向上が必要だと、自分にプレッシャーをかけてしまう。 Thường thì mọi người hay đánh giá cao những khoảnh khắc mang tính quyết định nào đó, mà đánh giá thấp những thay đổi tí hon […]

BÀI NGẮN N2_ 絵画とは

BÀI ĐỌC :   ぼくはいつも思うのだが、視覚にとらえたものをただ単に描いても、決して絵画にはならない。視覚のかなた(注1)にかくされているものをとらえて、それを画面に定着させたとき、はじめて絵画が誕生する。絵画とは目の前の自然を心のなかに消化し、それをもう一度吐きだす作業によって生まれるのだ。そうすることによってはじめて普遍的な(注2)美の世界が出現するのだと思う。だから芸術というものは、理屈(注3)では解決できないものなのだ。理屈を超えたところに本当の美がある。 (石本正『絵をかくよろこび』による) (注1)かなた:向こう (注2)普遍的な:広くすべてのものに共通して見られる (注3)理屈:論理的な説明 筆者が考える絵画とはどのようなものか。  目の前にあるものをできるだけ現実に近づけて描き表したもの  目の前に存在しないものを想像しながら描き表したもの  目で見たものを心のなかに感じ取って描き表したもの  目で見たものを想像力で補い美しく描き表したもの PHÂN TÍCH BÀI ĐỌC    ぼくはいつも思うのだが、視覚にとらえたものをただ単に描いても、決して絵画にはならない。視覚のかなた(注1)にかくされているものをとらえて、それを画面に定着させたとき、はじめて絵画が誕生する。絵画とは目の前の自然を心のなかに消化し、それをもう一度吐きだす作業によって生まれるのだ。そうすることによってはじめて普遍的な(注2)美の世界が出現するのだと思う。だから芸術というものは、理屈(注3)では解決できないものなのだ。理屈を超えたところに本当の美がある。 Mặc dù đây chỉ là điều mà tôi luôn nghĩ. Thế nhưng, nếu chỉ đơn thuần vẽ ra những thứ lọt vào […]