BÀI ĐỌC VỪA N1

BÀI ĐỌC   市場の製品のほとんどに何らかのマークが付いています。それに気づく人は少数であり、その意味を知ろうとする人は更に少数でしょう。見方によればこれは①市場の健全さの表れです。製品が満足なもので取引がスムーズなら問題は起こらないでしょう。しかし、中には使用者に損害を与えたり危険にさらしたりする製品もあるのが現実です。 成熟した社会では、公共の利益に反する製品を市場から排除するために様々な仕組みと手段が使われていますが、製品に付けられている「適合マーク」もその一つです。これは製品が何らかの基準に適合していることの証明であり、製品の供給者から購入者及び使用者に情報を伝える手段です。適合マークは、業者間の取引における要件として、また、消費者の購入判断を助ける手段として古くから使われてきましたが、それらは主に地域社会のツールであり、意味や使い方は地域社会のルールでした。 この事情は1980年代に一変しました。市場のグローバル化により、見知らぬマークを付けた外国製品が各国の市場に溢れたからです。(中略) 適合マークが②本来の機能を果たすには、そのマークが多数の人々に認知され、意味が正しく理解されていることが必要です。また、マークが伝える情報の信頼性を支える適合性評価が適切に行われたことの証拠が必要です。そこで、ISO(国際標準化機構)は1996年に適合マークに関する検討グループを設置し、問題の分析と解決策の検討を開始しました。 (田中正躬監修・編著『氾濫するマーク—多様化する認証』による) ①市場の健全さの表れとあるが、何が健全さの表れか。  製品のマークの意味を知らない人がいないこと  製品のほとんどにマークが付いていること  製品のマークに無関心な人が多いこと  製品の質がマークによって保証されていること ②本来の機能とあるが、どのような機能か。  製品の不具合や問題点が解決されていることを証明する。  外国製品と自国の製品とを区別するための情報を与える。  消費者の購入意欲を高めるとともに、地域社会の経済を支える。  消費者に安心できる製品であることを伝え、公共の利益を守る。 適合テーマについて、検討が必要になったきっかけは何だと筆者は述べているか。  各国の適合テーマが混在して理解しにくくなったこと  外国製品に対する消費者の関心が高まったこと  各国の適合性評価への信頼性が失われていったこと  適合テーマが付いていない外国製品が流通し始めたこと Phân tích bài đọc:   市場の製品のほとんどに何らかのマークが付いています。それに気づく人は少数であり、その意味を知ろうとする人は更に少数でしょう。見方によればこれは①市場の健全さの表れです。製品が満足なもので取引がスムーズなら問題は起こらないでしょう。しかし、中には使用者に損害を与えたり危険にさらしたりする製品もあるのが現実です。 Hầu hết các sản phẩm trên thị trường đều đang gắn mác gì […]

BÀI ĐỌC NGẮN N1

BÀI ĐỌC:   何かを学ぶということは、もちろん、問題に答える知識や技術を身につけるという意味もあるけれど、それは実は学ぶことの本質ではない。ぼくらは本や学校で、これまでひとが見出してきたさまざまな秩序、筋道を学ぶ。だけどそうやってさまざまな「型」を学ぶことによって、いままで見えていなかった。あるいはぼんやりとしか見えていなかった。「型やぶり」なものが見えてくるようになる。つまり、学べば学ぶほど、見えてくる問題は増えるというわけだ。 (野矢茂樹『はじめて考えるときのようにー「わかる」ための哲学的道案内』による) 筆者は、学ぶことの本質とは、どのようなことだと考えているか。  知識や技術を身につけて、さまざまな秩序や筋道が見えるようになること  他人が見出したことを学ぶのではなく、自分自身で考えること  既存の「型」に固執せず、常に「型やぶり」なことに挑むこと 「型」を学ぶことで、気づいていなかった問題を認識できるようになること PHÂN TÍCH BÀI ĐỌC   何かを学ぶということは、もちろん、問題に答える知識や技術を身につけるという意味もあるけれど、それは実は学ぶことの本質ではない。ぼくらは本や学校で、これまでひとが見出してきたさまざまな秩序、筋道を学ぶ。だけどそうやってさまざまな「型」を学ぶことによって、いままで見えていなかった。あるいはぼんやりとしか見えていなかった。「型やぶり」なものが見えてくるようになる。つまり、学べば学ぶほど、見えてくる問題は増えるというわけだ。   Học một thứ gì đó, đương nhiên có ý nghĩa là học kiến thức hay kỹ thuận để trả lời cho vấn đề. Tuy nhiên, […]

BÀI ĐỌC NGẮN N1 CẦN SUY LUẬN

Bài đọc: 人間の社会的な日常生活は、無数の暗黙の約束を相互に共有することで成り立っています。暗黙というのは、そうした約束が明瞭に意識されたり、どこかにはっきり書かれているわけではないということです。習慣化し、なかば無意識的に守られている社会的な約束事の海に、共に浸かっているから、われわれはこの世界の中に安心して毎日生きていられるのであり、これから何が起きるのか、自分はどう行動したらよいのか、一々思い悩まずにいられるわけです。 (著者代表森亘『異文化への理解』による) 思い悩まずにいられるとあるが、なぜか。 1. 習慣や行動に関する約束事を共有する場が持てるから 2. 社会でお互いの約束事が意識的に守られているから 3. 社会的な約束事は日常生活で教えられるから 4. 習慣化された社会共通の約束事があるから Phân tích bài đọc 人間の社会的な日常生活は、無数の暗黙の約束を相互に共有することで成り立っています。暗黙というのは、そうした約束が明瞭に意識されたり、どこかにはっきり書かれているわけではないということです。習慣化し、なかば無意識的に守られている社会的な約束事の海に、共に浸かっているから、われわれはこの世界の中に安心して毎日生きていられるのであり、これから何が起きるのか、自分はどう行動したらよいのか、一々思い悩まずにいられるわけです。 Cuộc sống thông thường trong xã hội loài người hình thành bởi sự chia sẻ lẫn nhau vô số những lời hứa ngầm ( […]

BÀI ĐỌC NGẮN N1_ JLPT 2014

Bài đọc:    白色度というのは物理的な指標であって感受性の指標ではない。したがって白色度が高いというだけでは白は印象づけられないのである。咲き乱れる花々の印象は真っ白でも、その背後にコピー用紙程度の紙を置いてみると、花そのものの白さは紙の白さほどではないことに気が付く。花弁(注1)は淡い色を含み水分をたたえた(注2)重たい白である。しかし咲き誇る花々が僕らの心に届けてくる白は鮮烈に白い。   (原研哉『白(しろ)』による) (注1)花弁:花びら (注2)たたえる:ここでは、含む   Câu hỏi: 筆者の考えを表しているのはどれか。 Câu diễn tả suy nghĩ của tác giả là cái nào?   1. 花の白さの印象は白色度では説明できない。 2. 花そのものの白さは物理的な指標で示せない。 3. 花びらより咲き誇る花々のほうが白色度が高い。 4. 花そのものの白さは他の物との比較によって決まる。   Phân tích bài đọc 白色度というのは物理的な指標であって感受性の指標ではない。したがって白色度が高いというだけでは白は印象づけられないのである。咲き乱れる花々の印象は真っ白でも、その背後にコピー用紙程度の紙を置いてみると、花そのものの白さは紙の白さほどではないことに気が付く。花弁(注1)は淡い色を含み水分をたたえた(注2)重たい白である。しかし咲き誇る花々が僕らの心に届けてくる白は鮮烈に白い。   Độ trăng dù […]

BÀI ĐỌC NGẮN N1 _ JLPT 2014

Bài đọc : 井上ひさし(注1)さんが、「エッセイとはすなわち、自慢話である」といったことを書いていらしたのを、以前読んだことがありますが、私はその文を一読した瞬間、「ああっ!」と叫んで赤面(注2)したのでした。 エッセイ=自慢、とはまさにその通り。エッセイを書く仕事をしている私は、心のどこかでそのことを感じつつ、気付かない努力をしていた気がする。しかしそのようにズバリ言われると、「私は今まで、自慢話によって、口を糊して(注3)きたのだなぁ」ということが、明確に理解できるのです。 (酒井順子『黒いマナー』による) (注1)井上ひさし:日本の小説家 (注2)赤面する:顔が赤くなる (注3)口を糊する:ここでは、生計を立てる Câu hỏi : 筆者が「ああっ!」と叫んだのはなぜか。 1. 意識しないようにしていた自身の思いを指摘されたから 2. 前々から抱いていた自身の思いを先に言われたから 3. 言葉にできないでいた自身の気持ちをズバリ言われたから 4. だれかに言いたかった自身の気持ちを見抜かれたから Phân tích bài đọc  井上ひさし(注1)さんが、「エッセイとはすなわち、自慢話である」といったことを書いていらしたのを、以前読んだことがありますが、私はその文を一読した瞬間、「ああっ!」と叫んで赤面(注2)したのでした。 Trước kia, tôi đã từng đọc  tác phẩm mà tác giả  いのうえ ひさし đã viết  có […]

ĐỌC BÁO TIẾNG NHẬT_ 3 CÁCH THỰC TẾ GIÚP CÂN BẰNG CUỘC SỐNG CÔNG VIỆC

ワークライフバランスを向上させる3つの現実的な方法 3 bước thực hiện giúp cân bằng cuộc sống công việc    Cuộc sống thường sẽ không bằng phẳng, sẽ có những lúc lên lúc xuống, lúc trầm, lúc bổng. Thế nên để giúp cuộc sống được cân bằng thì chúng […]

BÀI ĐỌC DÀI N1

BÀI ĐỌC: 本というのは、人間と同じようなものだ。一律の価値によって優劣を決めることはできない。人気者がいるのと同じように、ベストセラーがある。嫌われ者がいるように、誰からも手に取られない本もある。だが、どれもがそれぞれの価値を持っている。それを求めている人の手に求めているときに渡れば、それは良書になる。 それゆえ、私はインターネットの書評サイトなどで、まるで自分を神であるかのように本の優劣を断定しているものには激しい抵抗を感じる。もちろん、書評をするのは悪いことではない。本を批判したりほめたりするのも、もちろん大事なことだ。だが、あくまでもそれは、その人の知識と関心と人柄によっての判断でしかない。つい神の立場でものを言いたくなる気持ちはわからないでもないが、それはあまりに傲慢というものだろう。 私の本も、インターネットの書評サイトでかなり叩かれているものがある。それはそれでやむをえないと思っている。ある程度売れると、それをけなしたがる人間がいるものだ。本をけなすと、自分が著者よりも偉くなったような気がするのだろう。私自身も本を書くようになる前、いや、正直に言うとある程度売れる本を出すようになる前、他人の本をずいぶんけなしたものだ。 ただきわめて心外なのは、ないものねだりをしている評があまりに多いことだ。たとえば、私はある参考書を出している。その趣旨としていることは、「大学の小論文・試験に何とか合格できるだけのレベルの小論文が書けるようにするため、最低限これだけの知識は持っていてほしい」という知識を整理した参考書だ。だから、私はその本の中では、敢えて難しいことは書いていない。ところが、の参考書を酷評する(注)書評がある。そして、その評の中には「この本を読んでも、かろうじて合格するくらいの力しかつかない」と書かれている。 私は、まさしくかろうじて合格するくらいの力をつけるためにその本を書いているのだ。かろうじて合格すれば、その本は最高の良書だろう。私がそのような意味で敢えてカットしたことを取り上げて、それが書かれていないからと批判されても、こちらとしては困ってしまう。 そのような身勝手な書評がなんと多いことか。知識のある人間が入門書を幼稚すぎるとけなし、知識のない人間が専門書をわかりにくいとけなす。しかし、それは単に自分の背丈にあっていない本を求めただけのことに過ぎない。きちんと自分の背丈にあった本を探して買うのが、読者の務めだと、私は思う。 本について語るからには、あらゆる本に愛情を持つべきだと私は考えている。そうしてこそ、本を批判する資格を持つと思うのだ。 (樋口裕一『差がつく読書』による) (注)酷評する:ひどく厳しい評価を下す 筆者は、どのような書評が傲慢だと感じているか。  優れている点を決して認めようとしないもの。  自身の判断がすべてであるかのように評価したもの。  自身に知識があるかのように見せかけたもの。  大した理由づけもなく優劣を断定したもの。 ある参考書について、筆者が心外だと感じたのはどのような書評か。  どうにか合格できる程度を目指したのに、それ以上の内容が必要だと評判したもの。  合格に必要な最低限の知識を整理したものなのに、合格は不可能だと批判したもの。  難しい試験でも合格できるように書いたのに、それでも不十分だと批判したもの。  敢えて難しいことは書いていないのに、それでもわかりにくいと批判したもの。 筆者によると、本が良書と言えるのはどのような場合か。  書評で強く批判されない場合。  求める人のレベルや目的にあっている場合。  多くの人が価値を認めている場合。  求める人に本の趣旨が理解しやすい場合。 本を批評する人に対して、筆者が言いたいことは何か。  それぞれの本の存在価値を認めるべきだ。  著者のあらゆる本を読むべきだ。  どのような本にも先入観なしで接するべきだ。  極端に否定的な評価は避けるべきだ。 PHÂN TÍCH BÀI ĐỌC  本というのは、人間と同じようなものだ。一律の価値によって優劣を決めることはできない。人気者がいるのと同じように、ベストセラーがある。嫌われ者がいるように、誰からも手に取られない本もある。だが、どれもがそれぞれの価値を持っている。それを求めている人の手に求めているときに渡れば、それは良書になる。 Sách là thứ cũng giống như […]